外部設定

目次

概要
サーバーの有効
イベントメッセージ形式

概要

原則として、稼働しているホストへ接続している時のみリモートホストからイベントを受信できます。 しかし、CMSはSNMPプロトコル(SNMP Preference)または TCPを使ったシンプルなメッセージプロトコルを介して他の外部アプリケーションからイベントを受信できます。

外部設定

図 3.9. 外部設定


サーバーの有効

外部イベントサーバー有効をクリックすると、外部イベントサーバーがイベントのアクセス待機状態になります。 TCPポート番号はアクセス待機ポートで調整できます。

イベントメッセージ形式

外部アプリケーションはTCPプロトコルでCMSへ接続します。 接続が確立すると、テキストメッセージをイベント情報転送のために送ることができます。 イベントメッセージのフォーマットは以下の通りです。

[イベント] [ホストアドレス] [機器] [メッセージ][\r または \n]

例えば

1 210.95.145.77 16 カメラ信号を受信しました。
1 192.168.0.110 1 警告!!

イベントと機器番号は1から開始します。 イベント番号についてはWarning Message Preferenceが参考になります。 Host Managerにないアドレスは無視されます。