ホスト監視

目次

概要
ホストグループ
ホスト状態
イベント/ログ履歴
ホスト操作
オンライン/オフライン

概要

ホストグループ内の全てのホストの状態を一度に監視できます。 同時に複数のウィンドウで複数のグループを監視できます。

ホスト監視は左側のホストグループツリー、右側上部のホスト状態、右側下部のイベント/ログ履歴表示の3つで構成されています。

ホスト監視

図 2.35. ホスト監視


ホストグループ

ホストグループツリーからグループを選択すると、全ての子ホストがホスト状態エリアに表示されます。 ホストを選択すると、選択したホストのみが表示されます。

ホスト状態

ホストグループツリーで選択された全てのホストが同時に表示されます。

ボックスはホストを表します。イベントが発生すると、ボックスカラーが変わったり点滅したりします。 イベントでのカラーや点滅効果はHost Monitor Preferenceで設定できます。

ホスト状態の変化

図 2.36. ホスト状態の変化


任意のボックスをクリックするでホストを選択できます。 ダブルクリックすると、Live Monitorをホストに実行します。

ホスト選択後、ホストのクリアをクリックするとホストの状態や色がリセットされます。 全てのホストをクリアをクリックすると、全てのホストの状態がリセットされます。

イベント/ログ履歴

ホスト状態エリアから選択したホストのイベントやログメッセージの履歴を降順で表示します。 リスト中のイベントをダブルクリックすると、Remote Searchを実行し、該当する時間の録画ファイルが自動的に選択されます。

ホスト操作

ホスト状態エリアのホストまたはイベント/ログ履歴のイベントを右クリックすると、ポップアップメニューが表示されます。 ポップアップメニューの項目を選択することでホスト操作を行うことができます。 操作は下記の通りです。

ポップアップメニューでのホスト操作

図 2.37. ポップアップメニューでのホスト操作


オンライン/オフライン

オンラインとオフラインのイベントはホスト監視でのみ発生します。 既に別ウィンドウで接続しているホストを除いて、ホストグループで選択された全てのホストにおいて CMSとホスト間の通信が行われているかどうかチェックするために定期的に接続しようとします。 通信できないとそのホストはオフラインになります。

接続チェックをするか、定期的にチェックするか、タイムアウト時間をどうするかは Host Monitor Preferenceで設定できます。